青汁がもつ効果とその理由

青汁がもつ効果とその理由

“青汁は体に良い”と1回は聞いたことがあるのではないでしょうか。
しかし青汁=苦いもの、と体に良いと知りつつも飲むことはしなかったという人もいると思います。
最近では苦くなく、栄養もしっかりとある青汁がたくさん出てきているので気軽に飲めるようになってきました。
でも体に良いって具体的には?という方に青汁のもつ効果をご紹介したいと思います。

 

【便秘に効く】
青汁とは、いくつもの種類を合わせた野菜ジュースです。葉野菜を使っているのが主流なので“青くて苦い”というイメージが強くなったのかもしれませんね。
野菜が不足すると便秘になりやすく、その野菜不足を簡単に補うことができるのが青汁です。
青汁はたくさんに野菜を使い絞っているため食物繊維とビタミンが多く含まれていますので、毎日飲み続ければ自然と便秘が解消されていくのです。
慢性的な野菜不足を感じる人はぜひ飲んでみると良いでしょう。

 

【お肌の調子が良くなる】
ビタミンが多く含まれているので、しっかりととれることはもちろんですし
便秘が解消されることにより老廃物が長く腸にとどまることがなくなるのでお肌の調子が良くなるのです。
さらに野菜の成分をとることで脂質の取りすぎを抑えられるのでニキビなどができにくくなるという訳です。

 

【体臭・口臭に効く】
青汁には体臭や口臭だけでなく全身の体臭に効果があると言われています。
青汁には葉野菜が多く使われており、この葉野菜に含まれている「クロロフィル」という成分がにおいを抑える効果を持ってると言われています。
このクロロフィルの特性は、余分なモノを排出してくれることなので胃や腸にある老廃物を排出してくれるのでにおいを和らげてくれるという訳です。
さらには、余分なモノを排出することでコレステロール値を下げてくれたり抗がん効果が期待されます。
口臭グッズによく使われている成分なので、におい対策には有名な成分と言えます。

 

青汁のもつ効果はすごいですよね。
余分なモノを排出してくれるので、その結果たくさんの効果が得られるというわけですね。
毎日野菜をしっかりと摂れればこのような悩みが出ることはないと思いますが、1回の食事では多くの野菜を摂取することはなかなか難しいと思います。
しかし青汁にすることにより、成分をぎゅーっと濃縮してくれるのでより効率よく成分を摂取することができますよね。
お肌の調子が悪くなってから、便秘になってからではなく健康な時から継続的に飲むことが良さそうですよね。
ぜひおばあちゃんやおじいちゃん子供さんまでみんなで毎日飲んで健康な生活を手に入れてほしいと思います。